マイホームの最終テスト!内覧会を成功させるために

内覧会とは・・・

内覧会とは、物件の完成後に購入者が行なう施工状況の検査を意味しています。
購入した物件が契約通りに施工されているか確認する機会が内覧会というわけです。
内見と混同されがちですが、内見は内部見学会の事を意味しており、物件の賃貸を行なう場合に部屋の内装を見学する時に使われる言葉です。
内覧会=施工状況の検査 と覚えておくと良いでしょう。

見に行く準備は出来ている?

内覧会は、物件の購入者が施工に不備が無いかどうかを確認する大事な機会です。
チェックシートや図面は物件担当者が用意していますが、納得のいく内覧を行ないたいという方は自分で道具の準備をするとよいでしょう。
より細かい部分のチェックも行なえます。

内覧時の持ち物チェックリスト

内覧会へ持っていくと便利なツールをご紹介します!

メジャー

メジャー

内覧会では外せない基本的な道具に なります。 図面上の施工面と実際の施工面の サイズに違いが無いか確かめる際に 便利です。 家具の搬入や設置に伴う扉や部屋の 寸法にも必要になってきます。

メモ帳

メモ帳と筆記用具

計測を行なった結果や内覧会の担当者と話した内容を即座に書き込む事が出来ます。黒色と赤色のペンがあれば情報の違いを整理するのに大いに役立ちます。 汚れや傷を発見した場合には、マスキングテープを貼りペンで書き込むのも良いでしょう。

間取り図

間取り図

間取り図は、予定通りの間取りに なっているか確認するときに利用 します。間取り図に記載されている 設備がしっかりと同じ場所に設置 されているか確認しましょう。 コンセントの配置やドアの開き方 なども、間取り図を使ってチェック しておくとなお良いです。

カメラ

カメラ

記憶や文字に残すだけでは情報が曖昧になる事がありますが、写真に収めておけば記憶の曖昧さをカバーできます。 その意味では、カメラは必要不可欠な存在と言えます。 また、いくつかの物件を回る場合は いろいろなポイントを写真に収めて おくとよいでしょう。 後々、混乱を防ぐ役割を果たして くれるキーアイテムになります。

方位磁石

方位磁石

部屋の向きや日当たりを確認する際に使用します。 さらに、図面通りの方角に設備が設置されているか確認する時にも役立ちます。 ちなみに南向きの部屋は日当たりが 良好で人気があります。

ピンポン球

ピンポン球orビー玉

稀に新築であっても床が傾いている場合があります。 水平がどうか確かめる方法の1つとして、「床にピンポン球やビー玉を転がす」という方法があります。 どこかに転がったら水平ではない事が分かるという、非常に簡単な方法です。

重要な3大ポイント

契約内容

大前提ではありますが、このポイントは非常に重要です。 契約通りに施工が進んでいると 思っていたのに、仕上がりが予想と 違う。 このような状態だと、購入者の引っ越しやその後の生活の計画が狂ってしまいます。 厳しい目で図面通りに施工が仕上がっているかどうかチェックしましょう。

不具合の有無

完成した物件に傷が無いか、ドアの 開閉に問題は無いかなど、使用するにあたり設備に不具合が生じていないか確かめましょう。 内覧会で傷や汚れ、その他の不具合が生じていた場合にはしっかりと指摘 し、修繕を行なってもらいましょう。

寸 法

家具の配置や設備の大きさに誤差が生じないように、しっかりと寸法を測りましょう。 特に水周りやキッチン周りは大きな家具や家電を設置する事があるので、内覧会では入念に寸法を測っておく必要があります。

修繕依頼のチャンス

女の人

不動産の内覧会で何故チェックを行なうのか、それはずばり不具合があれば再度修繕してもらう事が
出来るからです。
また、物件の引き渡し前なら無料で修繕の追加施工を行なう事も出来ます。
しかし、修繕依頼は物件の引き渡し前に限られる事が多く、修繕保証期間にも定めがあります。

申告が大前提

不具合を修繕してもらうには、家具を配置する前に申告しましょう。
例えば、床の傾きを申告したくても既に家具が配置されていると、家具の重みの<せいだと床が
傾いたのだと修繕を断られる事もあります。
その為、内覧会でのチェックと指摘が大事になってくるのです。

無料になることもある

入居してから何らかの不具合が生じた場合であっても、修繕を無料で依頼できるケースもあります。
ただ、「定められた期間内である事」というのが第一条件となります。
そのため、あらかじめ修繕期間を把握する必要があります。

専門家を同行させる

申告しても、場合によっては建設時に起こった不具合だと認めてもらえない事もあります。
そのような事が無いように、気になる所があれば何度も確認を行ない、修繕の対応を求めるべき
なのです。
物件に関する知識や第三者による客観性が欲しい場合は、建築家や設計士など専門分野の方に同行してもらうと良いでしょう。

内覧会当日の進め方

内覧会当日は、内覧会のある物件の前か不動産会社の前で待ち合わせを行なうのが一般的です。
現場についてからは、設備の使用方法や注意事項を内覧会担当者に説明してもらいましょう。
そして各室内を回って施工のチェックを行なっていきます。
気になることを内覧会担当者に確認・質問しながら、メモ帳やチェックシートに書いていきましょう(業者によっては、専用のチェックシートを用意してくれることもあります)。
内覧会の時間は限られているので、部屋の雰囲気や設備などをじっくり見つつ、効率よく回るよう意識しましょう。
そして全ての項目をチェック出来たかどうか、チェックシートを元に確認していきます。
内覧会を終えた後は必ずこのチェックシートを貰いましょう。
チェックシートは再内覧会の時に持参し、指摘した箇所の修繕が行なわれているか確認する際に利用しましょう。